クリニックBLOG

2017.05.31更新

ふと鏡を見たら、自分の歯の色が黒ずんでいるように感じた。歯の色が気になり思い切って笑えない。そんなお悩みを抱えていませんでしょうか。

当院は、ホワイトニングに力を入れています。接客業などの方はもちろん、営業職の男性などからのご相談も多く割合も増えています。それだけ、ホワイトニングへの関心が高まっていると言えます。

患者様からは、「自信を持って、人と向き合えるようになった」、「笑うときに気にならなくなった」、「鏡を見るのがうれしい」など喜びの声をお聞きします。このような喜びを実感していただくため、当院ではリーズナブルなホワイトニングを行っています。

ホワイトニングには大きく2種類ありますが、一つはホームホワイトニングです。名前の通り、自宅で行うホワイトニングです。ご自身の歯に合わせて作った、専用のマウストレーを用いて行うものです。このトレーにホワイトニング用のジェルを入れて1日2時間装着します。

自分の好きな時間にできるというメリットがあり、ゆるやかなペースで白くなります。

一方、オフィスホワイトニングとは、歯科医師が医院でおこなうホワイトニングです。治療後、すぐに効果が実感できるので、急いで白くしたいときにぴったりです。どちらの方法も、事前に口腔内全体の検診やなりたい歯の色の確認、歯石の除去などを行う必要があります。



リーズナブルなホワイトニングなら、大阪府岸和田市の当院までお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.05.25更新

今回は、虫歯がひどくなったときなどに行われる「根幹治療」についてお話します。

歯の根のくだ、根管の中には神経があります。細菌のかたまりである虫歯が進行して神経まで達すると、痛みが増すだけでなく神経が入っている歯髄という空洞が細菌に感染します。

すると、根っこの中で細菌が繁殖するのですが、それを防ぐために細い針金を使って根の中をきれいに掃除するのです。「神経を取る」と表現されますが、神経を取るというよりは、神経の空洞が虫歯細菌に侵されているので、針金でこすってきれいにするというイメージです。

掃除し消毒した後は、神経が入った空洞に隙間なく薬を詰め込みます。少しでも隙間があると、そのスペースで細菌が繁殖してしまうため、細菌の住みかとなる場所がないように、注意して治療を進めます。

根幹治療は、もちろん麻酔をした上で治療を行いますのでご安心ください。また、歯の根はまっすぐとは限らないため、取り残しがあると再発することもあります。その場合は、既に被せたものがあっても一から根幹治療をやり直します。

根管治療は、歯の土台を作る大切な治療で、確かな技術が必要とされるものです。大阪府岸和田市の当院では、自信を持って治療に当たりますのでご安心してお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.05.18更新

歯医者で、親知らずの抜歯を勧められたことがある方は多いのではないでしょうか。親知らずとは、真ん中の歯から奥に数えて8番目の歯を指します。思春期以降に生えてくることが多いので、こんな名前で呼ばれます。

実は、親知らずに痛みを訴えて来院される患者さんは少なくありません。

親知らずは口の一番奥にあるため、歯ブラシが届きにくかったり、まっすぐでなく少し横や斜めに生えていることが多いため、どうしても虫歯になりやすい歯なのです。また、食べたものが詰まりやすく、親知らずの前の歯茎が痛んでくることもあります。

特に痛みを感じない親知らずなら、そのままでいいのですか?という質問をよくお聞きします。確かに、上下ともまっすぐ生えていて、きちんと噛み合せができている場合は、そのままで良いでしょう。

しかし、そういったケースは多くありません。7番目と8番目の親知らずの間に、ものが詰まりやすい場合は、7番目の歯を守るために親知らずを抜きます。また、親知らずが7番目の歯を少しずつ押してきて、歯並びを悪くしているケースもあります。この場合も抜歯をおすすめします。

親知らずは、顎の奥のしっかりした骨に生えていて抜きにくい歯の一つです。大学病院の口腔外科をすすめられることも多いのですが、当院では月に二度、大学の口腔外科医を招いており、抜歯の難しい歯にも対応しております。

親知らずの抜歯についてのお悩みは、大阪府岸和田市の当院までご相談ください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.05.11更新

歯医者特有の雰囲気やにおい、器具の音などで、歯医者から足が遠くなったり、お子さんが嫌がることは多いものです。しかし、より直接的な原因として、「歯の治療は痛い」という思い込みがあげられます。

当院は、痛みのない治療を目指している歯医者です。治療時に痛みを感じないようにするには麻酔注射が必要ですが、そもそも麻酔針を刺す痛みが嫌だという患者様やお子様は少なくありません。

その針を刺す痛みにも配慮しています。いきなり麻酔の針を刺すのではなく、まず表面に塗り薬タイプの表面麻酔剤を塗ります。使用する麻酔針も、もっとも細い針を用いています。また、麻酔薬を注入するとき、一気に入れると圧力が掛かって痛みを感じやすいため、少しずつ加減しながら注入する工夫も致します。状態に応じて、一定の速度と圧力で麻酔薬を注入できる自動注射器を使うこともあります。

このように、患者様ができるだけ痛みを感じないように、当院ではさまざまな配慮をしております。患者さまの痛みや恐怖、ストレスをなくすことは、通院、しいては虫歯や歯周病などの早期発見、早期治療につながり、患者様へのメリットとして還元されるものです。

痛みのない治療なら、大阪府岸和田市の当院まで安心してお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.05.02更新

お子様の歯医者嫌いでお困りの親御さん方、当院はお子さんが泣かない、家族が笑顔で通えることを目指す地域の歯医者です。



確かに歯医者というと、器具のキーンという音や独特のにおいなどがあり、お子様が怖い・痛いというイメージを抱きがちです。小さい頃に無理やり治療を受けさせると、歯医者嫌いになりかねません。それは、虫歯などの治療を遅らせることになり、より大変で痛い思いをすることにつながります。



当院では、お子様が歯医者嫌いにならないよう、お子様の気持ちに寄りそって治療を進めます。



まずは、医院の雰囲気に慣れることからスタートです。椅子に一人で座れるようになるまで、じっくり待ちます。そして、お口をすすいだりバキュームを口に入れる練習へと続きます。こうして段階的に進めることで、お子様のストレスや抵抗感を減らすことができるのです。プレイルームにはおもちゃや絵本もあり、治療前の時間もリラックスして過ごせます。



乳歯の虫歯は永久歯にも影響しかねませんので、まだ乳歯だからと言って油断してはいけません。幼い頃から検診を始めると、虫歯になりにくいというデータもあります。お子様の歯を守ることも、お母様お父様方の愛情です。お子様の歯のお悩みは、大阪府岸和田市にある当院にご相談下さい。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.04.28更新

歯ぐきが腫れて痛くなることはありませんか?

もしかすると、歯磨きの磨き残しで歯周炎、歯周病になっているかもしれません。
一度、岸和田の当院で歯のクリーニングをしておきましょう。

磨き残しがあるとその部分は歯石になります。

歯石は歯にこびりついているため歯ブラシでは取れませんので、
歯石を取るにはスケーラーという専用の機材が必要となります。

では、なぜ歯石を取らなければならないのでしょうか。
それは、歯石があると歯に汚れが付きやすくなるからです。

磨き残しがあるところは、もともと歯磨きがうまくできていないところです。

そこに汚れが付きやすくなればどんどん歯石はたまり、
歯周ポケットも深くなって歯周病は進行していきます。

歯周病は沈黙の病気と言われており、進行していても痛みを感じません。
このため発覚が遅くなりやすく、予防には定期的なクリーニングが必用なのです。

毎日、しっかりと歯磨きをしていても、
人には歯磨きの癖があり、どうしても磨き残しはでてしまうものです。

定期的に歯のクリーニングを行い、できるだけ歯の表面をきれいにしておきましょう。
歯のクリーニングは、岸和田の当院におまかせください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.04.27更新

歯の治療に行きたくても、そのあいだ子供を預ける人を見つけられない。



そのようなときは岸和田の当院にぜひご相談ください。

当院では治療のあいだ、お子さんをスタッフが見させていただきます。



歯の治療の中には、数回に分けて通院が必用なものがあります。



根管治療と呼ばれるものが代表例ですが、これは歯の根の治療で、

根の中をきれいにするまでに、どうしても数回は通院が必要になります。



また、インレーと呼ばれる詰め物の治療の場合も、

製作する時間が必要ですので、数回通院していただく必要があります。



ご自身の親御さんにお子さんを預けるにしても、

頻繁にお願いするとなると言いだしにくいものです。



また、お仕事が終わったあとに通院される場合は、

預け先が見つからないということもあるかと思います。



その点、当院の待合室には、おもちゃや絵本のあるプレイルームも設けておりますし、

スタッフがお子さんを見ていることもできますので、安心して通院していただけます。



当院は、働くママを応援しています。



治療時間を、少しのあいだ一人でゆっくりとする時間としてご利用いただいても結構です。

子供の預け先がなくて歯の治療が難しいとお考えの方は、岸和田にある当院にお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.04.20更新

内科恐怖症や、耳鼻科恐怖症というものはありません。

しかし、「歯科恐怖症」と呼ばれるものがあり、これは歯医者が怖くて行けなくなってしまうというものです。歯科恐怖症となると、虫歯などで激痛があっても歯科医院に行くことができません。また、歯が抜けてもそのまま放置してしまうので、歯並びも悪くなってしまいます。

歯科恐怖症になってしまった方の中には、小さいときの治療で、怖い思いをしてしまった方が多いようです。だからこそ、小さいときに安心して歯の治療を受けていただくことが大切です。子供のうちは、学校で定期的に歯の検診を受ける機会があるため、虫歯ができた場合も素早く発見できるものです。このためお子さんが、歯医者に行くのを嫌がらないなら虫歯は早く治療できます。保護者の方も、「どうやって歯医者に連れて行くか」と悩まなくて済みます。
当院では、いきなり治療をするようなことはありません。まずは医院の雰囲気に慣れてもらうことが、大切だと考えているからです。

歯医者に行くのは怖くないむしろ楽しいと、お子さんが思ってくれれば治療もスムーズに進みます。
お子さんが安心して治療を受けられることは、ご家族にとっても大切なことです。

当院は岸和田にございます。お子さんを歯科嫌いにさせない治療をご希望の方はぜひお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.04.13更新

毎日しっかりと歯磨きをしているのに、どうして白くならないのだろう・・・。
そう思ったことはありませんか。実は、歯磨きをしても歯は白くならないのです。

「クリーニング」と「ホワイトニング」という2つの言葉があります。
「クリーニング」はその名のとおり、歯の汚れを取り除いて、元の歯の白さを取り戻すことです。
そして、「ホワイトニング」は、歯の色を変えて白くすることです。

私達が普段行っている歯磨きは、「クリーニング」の一種です。
しっかりと歯磨きすれば、ある程度は歯の汚れを取り除けます。
しかし、汚れを取り除いても元の歯の色を取り戻すだけで歯が白くなることはありません。

また、歯石を取ったりPMTC(専門家による歯の清掃)もクリーニングの一種と言えます。
これらも、歯の表面についた汚れは取り除けますが、歯の色を変えることはできません。

歯を元の色より白くするには歯の色を変える必要があり、そのために行うのがホワイトニングです。

ホワイトニングには大きく分けて2種類あります。1つは、ご自宅で少しずつ歯を白くしていくホームホワイトニング。もう1つは、歯医者で1日で白くするオフィスホワイトニングです。

当院ではどちらも行っておりますので、歯をもっと白くしたいとお考えの方はぜひお越しください。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

2017.04.06更新

歯医者は怖くて痛いもの。そのようにお思いではないでしょうか。

治療は麻酔が効いてから行われますので、治療自体は痛くはないはずです。
しかし、一般的に歯の治療は痛いと思われています。

おそらくそれは、麻酔注射が痛いためにそのようなイメージを持たれています。
逆に言うと注射さえ痛くなければ、治療の最初から最後まで痛みはなくなるはずなのです。

では、どうすれば注射の痛みを少なくできるのでしょう?
そこで使用するのが表面麻酔というものです。

これは「塗る麻酔」と思っていただくとわかりやすいもので、麻酔注射をする場所に、表面麻酔を塗ってその部分に麻酔をかけます。

表面麻酔は液を塗るだけですから簡単ですし痛みはありません。
注射針を使用しないため「麻酔をされている」という感覚もありません。

もし表面麻酔だけで治療ができたら最高なのですがやはり弱点はあります。
それは、麻酔注射ほど効果が強くないという部分です。

このためその弱点を麻酔注射で補います。

まずは表面麻酔をして注射針をさす痛さを取り除き、麻酔注射でしっかりと麻酔をかけて、麻酔がきいたところで治療を開始します。

このように表面麻酔をしてから麻酔注射を行うことで、岸和田にある当院では痛みの少ない治療を目指しています。

投稿者: あおぞらけやき歯科クリニック

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい072-432-3397

tel_bnr_pc.jpg

  • 患者さんからのお声
  • 歯のQ&A
  • クリニックBLOG
  • 採用情報
  • 当院が掲載されています
  • AED